香席・投扇興体験会 報告

 

五月五日、小畑社中、東都浅草投扇興保存振興会、浅草観光連盟協力の下、香席・投扇興の体験会を開催いたしました。

開会式の後、六十名の参加者を二組に分け、洗心閣三階にて香席、大広間にて投扇興を交代で体験していただきました。

香道とは、香木を炊きその香りを楽しむ芸事です。

今回の席では、香りを聞き分ける組香と呼ばれる遊びを行いました。

静かな空気の中、皆様、香木の奥深い香りに心を傾け、じっくりと鑑賞されていました。

投扇興は桐箱の上の的に扇を投げ、その形の点数を競う競技です。

毛氈の中央に的を置き、二名が向き合って対戦しました。

思い通りに飛ばない扇に悪戦苦闘。終始にぎやかな雰囲気で時折歓声が上がることも。

どちらの席も普段触れることのない雅な遊びに盛り上がっていました

広告