節分札の貼り方

節分札の貼り方がわからないとのお問い合わせが多かったので、貼り方の例を写真でご説明いたします。

本来は二躰のお札を向い合せに貼りますが、玄関に柱や向かい合う壁がない場合は向い合せなくても結構です。

向い合せに貼れる場合とそうでない場合の2パターンの写真を載せます。

いずれも家の中から見たイメージです。

 

①お札を向い合せにできる場合

image1

②お札を向い合せに出来ない場合

image1 (1)

いずれの場合も家の中から見て右に『立春摩訶吉祥所』、左に『節分般若心経日数所』を貼ります。

ご参考にしていただければと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中